むし歯治療

なぜむし歯になるの?

むし歯は口の中の「細菌(ミュータンス菌)」「歯の質」「糖質(とくに砂糖)」という3つの要素に加え、時間の経過とともに発病します。

むし歯菌が酸を作り出して歯を溶かすことでむし歯ができます。最初は歯の表面に着色するくらいですが、徐々に歯質を溶かしながら進行します。

乳歯の大切さ

子供は成長の変化が著しく、体はもちろんのこと、顎の骨(顎骨)や歯並び(歯列)は大人へ向けて日々、成長過程にあります。発育を正しく導くためにも、しっかり食事ができるよう、良い咬み合わせをつくることはとても大切です。

なかには乳歯は生えかわるから、むし歯になっても治療しなくていいと考えている方がおりますが、それは大きな間違いです。

乳歯と永久歯の交換は6歳頃から始まり、永久歯が成長しながら乳歯を押し上げ、7年ほどの時間をかけて徐々に生えかわります。

しかし、乳歯をむし歯で早く失うなどすると、良い永久歯の歯並びができません。歯並びが悪いことで、しっかり咀嚼できないばかりか、心理的なコンプレックスに陥ることが多いのです。また、むし歯や歯肉炎になりやすく、全身の健康にも悪影響を及ぼします。

子供のむし歯

歯はその後に出てくる永久歯より小さく、特に歯のエナメル質、象牙質とも永久歯と比較して遙かに薄く、歯の質も軟らかく、 むし歯になりやすい構造です。

また、歯の神経が入っている部屋(歯髄腔)は永久歯のそれより比較的大きく、形は角が出たように突起しています。

そのためお子さんのむし歯は多発しやすく、進行が早いので、 注意が必要なのです。

しかしその反面、フッ素の取り込みが良く、むし歯予防効果を出しやすい利点もあります。

むし歯という病気

歯科の病気のなかでむし歯は、歯周病とならんで頻度が高く、歯を失う最大の原因の一つです。

根の治療

ただ神経を取るだけでは、その歯を有効に機能させていくことはできません。感染した歯の根の内側を完全に取り除き、細菌感染や炎症の再発をおこさないよう、細心の注意を払いながら治療を進めます。これを怠ると根の先端部で炎症を起こし、ひどくなると顎の骨にまで炎症が拡大してしまうことがあります。

むし歯という病気で歯を抜かないために

「歯の治療は痛くなってからする」という考えが、まだ根強くあります。

その結果、大切な自分の歯を失うことになります。生涯、健康な自分の歯で美味しく食べ、

快適な生活を送るために、むし歯は痛くなる前に治療することが大切です。

そのため、これまでの生活習慣を見直し、定期的な検診を受けましょう。