メインテナンス(定期健診)時にやること

①むし歯のチェック

むし歯は、歯の咬む面やつけ根だけでなく、歯と歯の間などの直接見えないところにもできやすいものです。

また、一度つめて治療してあっても、そのわきの方に新たなむし歯ができることもあります。

専門的な立場からむし歯をチェックします。

 

②歯ぐきのチェック

歯のまわりのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病になります。

あなたの歯周ポケットの深さはどのくらいか、チェックします。

 

③ブラッシング指導

歯と歯ぐきの正しいみがき方は、その人の歯並びや歯みがきの癖などのため、

一人ひとり違うものです。

あなたに合った、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方を指導します。

 

④歯垢の染め出しチェック (必要や希望にに応じて)

歯垢(プラーク)は、むし歯や歯周病の原因ですが、

これをきれいに取り去ることはとても難しいことです。

どこにプラークがつきやすいかをチェックするために、歯垢の染め出しをしてチェックします。

 

⑤歯垢を取る

歯ブラシで取り残したり、取りきれなかった歯垢は、むし歯や歯周病の大きな原因となります。

 

⑥歯石をとる

歯石は誰にでもつき、歯肉を圧迫するなどして、歯周病を引き起こす原因の一つとなります。

 

⑦歯科相談

むし歯や歯周病についての悩み事以外でも、相談にのります。

顎の痛み(顎関節症)、咬むこと(摂食)、飲み込むこと(嚥下)についての指導や治療、

高齢者の口腔の介護(口腔ケア)についても気軽に相談して下さい。