入れ歯の種類

オーラルフレイルにならないためにも、装着感がよく、噛みやすい入れ歯が

大切になってきます。

当院では入れ歯の治療の際には、歯肉の状態はもちろんですが、

普段の食事についてもお伺いして、患者様が楽しく会話でき、

美味しく食事できるために総合的にご提案をさせて頂きます。

1.総入れ歯

金属床義歯

金属床義歯とは、義歯の義歯床と呼ばれる部分を金属で作製する入れ歯です。

義歯床を金属にすることで、入れ歯を薄くすることができ、違和感が少なく、

食べやすく、喋りやすくなります。

また金属を使用している為、お口に入れた食べ物の温冷がわかりやすく

お食事を楽しむことができます。

 

【料金】22~30万(税別)

※使用する材質により費用が変わりますので、お見積りを提示し、相談しながら進めていきます。

コンフォート義歯

歯茎にあたる部分全体を特殊なやわらかいシリコーンのクッションが覆っており、

グッと噛み締めた際の痛みを緩和します。

また、シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生みだして、

噛むときに起こる入れ歯の様々な動きに強い吸着 力を生み出すことで

総入れ歯にありがちなゆるみを緩和します。

食事の際の細かな食べかすが入れ歯と歯茎の間に入りにくくなります。

 

【料金】30万円(税別)

アクリルレジン義歯

樹脂が主体となるため、強度をもたせるために比較的厚く、大きいこともあるので

違和感が出ることがあります。

また、汚れやにおいがつきやすかったり、長期間使っているとすり減りや変形が

起こりやすいという欠点があります。

総入れ歯など粘膜を大きく覆うものでは、お食事の際、温度が伝わりにくかったり、

味が感じづらかったりします。割れた際の修理がしやすいという利点があります。

2.部分入れ歯

ミリング義歯

ミリング義歯は、差し歯と入れ歯がセットになったタイプの精密加工義歯です。

舌側に溝がある差し歯を装着し、その溝に入れ歯を固定します。

金属のバネが少なくできるため見た目が美しく、しっかりと噛むことができます。

 

【料金】60万円(税別)~

※入れ歯の設計により、費用、治療期間が変わりますので、お見積りを提示し、相談しながら進めていきます。

コーヌステレコープ義歯

テレスコープデンチャーとは、入れ歯を固定・維持する方法として

一般的な金属のバネではなく、茶筒の原理(摩擦抵抗)を応用した義歯です。

金属のバネを必要としないため、見た目にも自然でかつ、煎餅やタクワンなども

問題なく噛むことができます。

審美性と機能性を兼ね備えた、入れ歯の一つです。精密性が重要なため、

製作に時間がかかります。

 

【料金】60万円(税別)~

※入れ歯の設計により費用、治療期間が変わりますので、お見積りを提示し、相談しながら進めていきます。

ノンクラスプ義歯

金属のバネを使用しないため、目立たず審美性に優れた部分入れ歯です。

歯の失い方によってはできない場合もあります。

金属床義歯(メタルフレーム)

金属を使用することで、強度が増し、薄く小さくすることができます。

また、水分を含むことが少ないので、においや汚れがつきにくく衛生的です。

食事の温度が伝わりやすく、小さくできるため、味覚も損なわれることが少なく、

美味しく食事ができます。

 

【料金】28~40万円(税別)

※歯の残っている部位、使用する材質により費用、治療期間が変わりますので、お見積りを提示し、相談しながら進めていきます。

アクリル義歯

金属のばねがかかるため審美性は劣ります。樹脂が主体となるため、

強度をもたせるために比較的厚く、大きくなることもあります。

また、汚れやにおいがつきやすかったり、長期間使っていると

すり減りや変形が起こりやすいという欠点があります。