噛める機能的な義歯(入れ歯)にするために

予防メインテナンスは大切です。

義歯はデリケートな人工臓器です。毎日の手入れと

定期的な歯科医院でのメインテナンスが大切です。

 

噛み合わせの悪い義歯を長期間使用していると、

不自然な噛み方になり、あごの位置や関節の位置が

変化することがあります。

 

また義歯と歯茎との間にすき間がある場合は、義歯を調整したり、

新しく義歯をつくり直したり、常に自分の口に合ったものにしましょう。

義歯を使う前に十分、口の機能(舌、口唇、頬の機能)を高めておきましょう。

義歯を入れた後も、食べられるようになるまでは調整が必要になります。