根管治療(根の治療)とは?

根管治療とは?

虫歯の歯を抜かずに残すための治療です。

虫歯が進行して歯の神経を抜かなければならなかったり、根の先に膿が溜まった状態の歯を

治療することを、根管治療と言います。

一般には「神経治療」とか、「歯の根の治療」などと呼ばれています。

虫歯の原因となる細菌が歯の内側の神経に入り込むと、歯がズキズキと痛くなったり、

顔が腫れたりする症状が出ます。状態によっては一過的に痛みが消失することはありますが、

神経に対する細菌感染は自然治癒することはなく、放っておけば感染した細菌により

歯の内部や歯を支えるアゴの骨が溶け、いずれは抜歯をしなければなりません。

根管治療の目的

根管治療の目的は歯の内側に入りこんだ細菌の数を生体が許容できるまで減らすことです。

歯の神経が入っている根管(こんかん)と呼ばれる細い管は小枝のように

枝分かれしていてとても複雑です。

適切な根管治療をしなければ、治すどころか細菌の歯の内部での増殖を助けてしまい、

症状はさらに悪化してしまいます。

 

根管治療の種類

大きく分けると根管治療には3種類あります。

① 抜髄(ばつずい)

② 感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)

③ 再根管治療(さいこんかんちりょう)

 

①抜髄

虫歯により細菌感染で炎症を起こした神経を除去する治療です。

歯の神経と呼ばれている歯髄(しずい)に対して、虫歯の原因細菌による

感染がおこると「歯髄炎(しずいえん)」と呼ばれる歯痛が起こります。

 

歯髄炎になった歯髄は、たとえ薬などで一時的に痛みが和らいだとしても、

元の健康な歯髄に戻ることはありません。

放っておけば歯髄は壊死し、腐敗してしまいます。そのため炎症を起こした

歯髄を取り除かなければなりません。

炎症を起こした歯髄を取り除く治療を「抜髄(ばつずい)」と呼びます。

 

抜髄が必要になる症状

  • ズキズキと脈を打つように強く痛み、場合によっては健康な反対側の歯が痛くなったり頭痛がしたりと、痛む箇所がわからなくなる。
  • 原因となる歯に触れると強い痛みがある。
  • 入浴・運動・夜間就寝時など、体温が上がると痛みが強くなる。
  • 痛み止めを飲むと少し痛みが和らぐが、薬が切れてくるとまた痛み出す。

 

抜髄の治療方法

  • 非常に痛みが強くて麻酔が効きづらい場合は、鎮静剤で歯髄の急性炎症の鎮静化を   図かり、後日に抜髄する場合もあります。
  • 抜髄後、神経の入っていた部分をきれいに掃除してから最終的な薬を詰めます。

 

②感染根管治療

 

歯の中の汚染物質・感染物質を除去・清掃する治療です。

歯の中の汚染物質(細菌感染して腐ってしまった歯髄や感染した象牙質)を

きれいに掃除する治療を感染根管治療と呼びます。

歯髄炎を放置する、あるいは被せ物が取れたまま放置すると、

やがて歯髄(歯の神経)が死にます。神経が死ぬと痛みはなくなります。

痛みがなくなることで治ったかのように安心されてしまう方もおりますが、

実は症状はより進行しています。

 

やがて歯髄が死んで腐ると、繁殖した細菌は歯根(歯の根)の先から外に飛び出し、

歯を支える歯根のまわりの骨を溶かして膿が溜ります。

これを根尖性歯周炎と呼び、進行すると耐えがたい痛みと腫れを伴います。

 

感染根管治療が必要になる症状

慢性期

  • 普段は痛みがないが、疲れているときや体調が悪いとき、歯の付け根にうずき・鈍痛が起こる。
  • 歯茎を押すと違和感がある。
  • 物を咬むと違和感がある。
  • 歯茎に小さな穴があいており、そこから膿が出ている。
  • 歯茎にできものができ腫れたり、潰れたりを繰り返している。

 

急性期

  • 特定の歯がとにかく痛み(激痛)、痛み止めを飲んでも全く効かない。
  • 眠れないほど痛い。
  • 歯茎が腫れてきた。

 

感染根管治療の治療方法

  • 歯茎がプヨプヨと腫れている場合、切開して内部の膿を出します。
  • 抗生物質や解熱鎮痛剤を処方します。
  • 食べ物が飲み込めないなど、あまりにも腫れや発熱がひどい場合は点滴や入院が必要になります。
  • 根管の中の感染源をすべて取り除いたら最終的なお薬を詰めます。

 

③再根管治療

 

初回の根管治療が成功しなかったときに行う治療です。

根管治療終了後も歯のまわりの違和感が消えなかったり、

病巣が治らなかったりする場合があります。

 

再根管治療が必要になる症状

  • 治療後数ヵ月、場合によっては年単位で違和感が残り思うように咬めない。
  • 痛みや腫れが再発した。
  • 痛みはないが治療した歯の歯茎から膿が出ている。

 

再根管治療が必要になる原因

  • 根管の湾曲や枝分かれが原因で汚れの取り残しがある。
  • 根管の湾曲や枝分かれが原因で最終的な薬の詰め方が不十分である。
  • 見落としによる未治療の根管(歯の根)がある。
  • 根管充填が終了してから被せ物を入れるまでに長い期間があいてしまったため、再び細菌感染した。
  • 被せ物の適合が悪く隙間から細菌感染した。
  • 被せ物の横から新たな虫歯が発症して細菌感染した。
  • 歯根が破折した。

 

再根管治療の治療計画

  • 治療した歯の被せ物を外します。
  • 次に、以前の治療時に詰めた充填剤を取り除きます。

 

再根管治療の成功率は、1回目の治療と比較して低くなると言われています。

そのため初回の根管治療がとても重要です!

 

ラバーダム防湿した根管治療の必要性

ラバーダムとは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆い被せて

口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具です。

 

ラバーダムを使用することで、様々な口腔内細菌が根管に侵入するのを防ぎ、

無菌的な処置を行うことが可能になります。

逆を言えば、ラバーダム防湿を行わないで行う根管治療は細菌感染の可能性が高まり、

再治療の原因ともなります。

 

当院では根管治療を行う際に、ラバーダムを極力使用し治療しています。

お口の中は、直腸より多くの細菌数が生息しています。

そのため、唾液にも多くの細菌が混ざっています。

 

根管治療では歯の根の中の細菌数を減らすことが非常に大切ですので、

ラバーダムをすることにより、根の中にお口の中の細菌を感染させずに治

療を行うことできます。

 

根管治療時にラバーダムを使用した場合、治癒率は96%という報告があります。

(何度も再発した歯に関しましては、再発を繰り返すごとに、

残念ながら治癒率は低下してしまいます。)

一方、ラバーダムを使用しなければ50~70%の歯が再発しているという

データもあります。

この場合の50~70%という数字は、治癒率ではなく、再発率です。

 

ラバーダム防湿できない方

1.上気道の異常によって鼻呼吸ができない方

2.固定式の矯正装置が装着されている方

3. 萌出途中や萌出直後の歯が治療対象の方

4. 天然ゴムに対するアレルギーがある方